女子とーくまとめサイト

2020年12月

1: 匿名 2020-12-16 20:31:12 +21/-132


華原朋美、「くだらね」とマスコミにケンカ売る! YouTubeの“無断撮影”疑惑に「誰も彼女をコントロールできない」(2020/12/15 12:15)|サイゾーウーマン

華原朋美が、無断撮影した動画をYouTube上で公開している疑惑を、12月15日発売の「フラッシュ」(光文社)が報じている。(略)華原は12月5日、家具販売店・ニトリでの買い物風景をYouTubeにアップ。ところが、店員や買い物客がそのまま映り込んでいることから、同誌は「無断撮影ではないか」と報じている。(略)同誌がこの件について華原に問い合わせると、「くだらね」とだけ回答が届いたそうだ。

「現在、フリーで活動している華原には公式の窓口がないだけに、『フラッシュ』はTwitterやインスタグラムでダイレクトメッセージを送り問い合わせたとみられます。記事になるとわかっていた上で、マスコミに対して『くだらね』とケンカを売るとは……誰も彼女をコントロールできる状況にないことが見て取れます」(同)
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名 2020-12-16 12:50:51 +34/-186


GACKT&ローランド初共演 “女性を一流にする”ブランド設立「元気のない世の中にエネルギーを」 | ORICON NEWS

歌手で俳優のGACKT、カリスマホストのローランドが初タッグを組み、“女性を一流にする”ためのブランド『G&R』を立ち上げ、16日に都内で行われた発表会見で初共演を果たした。同ブランドは、GACKTが「女性を一流にするためのブランドを作らないか?」と持ち掛けたことで発足。二人が一流の女性へと導くためにイメージしたドレスとランジェリーを提供していく。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名 2020-12-16 17:47:41 +17/-223


渡辺謙、21才年下恋人と初2ショット 再婚は東出騒動で延期か|NEWSポストセブン

渡辺謙(61才)と交際中の21才年下女性との初ツーショット姿をキャッチした──。

この女性は2017年に『週刊文春』で不倫相手と報じられた、21才年下のA子さん。上の写真は3年経ったいまでも順調な交際を続けていることがわかる、渡辺の離婚後“初ツーショット”だ。そればかりか大きな決断も下そうとしていた。

「2019年の夏、A子さんとの再婚を決意したと聞きました。当時は軽井沢の別荘で暮らしていたので、9月頃にA子さんを軽井沢に呼び寄せて本格的に同棲を開始したそうです。’20年にも入籍する予定だったようですが、年明け早々に発覚した杏さんの元夫・東出さんの不倫スキャンダルで延期したそうです」(渡辺の知人)
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名 2020-11-15 23:44:55 +81/-507


鬼滅の刃シールだけ抜き取ってお菓子は食べずに捨てられていた… コンビニ店員の告発画像が話題に|まいどなニュース

劇場版公開などのメディアミックスを経て人気急上昇中の漫画「鬼滅の刃」(集英社)。


この画像を投稿したのはコンビニエンスストアにお勤めの「よっさん」さん。Twitter上で「まさか令和の時代に昭和のような風景を見るとは思わなかった。コンビニでバイトしてますが、鬼滅の刃のシール付きウエハース、シールだけ抜き取ってお菓子は食べずに全部棄てられました。ビックリマンチョコみたいなことを…皆さん、くれぐれも馬鹿なことはしないで下さいね! 」と“警告”していた。

あまりにも無残なこの光景にSNSユーザー達からは「こぅいぅ食を粗末にするヤツは人生何年か何十年か先にお金に困って食に困る人生を味わってあの時ウェハウス捨ててたの勿体なかったなぁと悔やんでも悔やみきれない目にあって欲しいと願う。」などと数々の怒りのコメントが寄せられている。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 匿名 2020-11-15 00:32:06 +21/-96


「思っていたのと違う」タトゥーやっちまったエピソード11選

「当時の自分のことは完全に黒歴史、忘れようと努力している」

1. 何も覚えていない 
「確か数字をいれたと思うけど、今となってはなんの数字だったのか、どういう意味があったのかすら思い出せない。タトゥーをいれた当時18歳、バカだったとしか言えない。」

2. 義姉とお揃い
「おそろいの星のタトゥーをいれた1時間後、義姉からどれだけお兄ちゃんのことを嫌いか、そして不倫しているという話を聞かされた」

5. キャベツ?
「そのうちカバータトゥーいれようと思ってるけど、今のところ、ちょっとおもしろくてまだ残してる」

10. 死ぬまで好き
「インセイン・クラウン・ポッシー(ICP)というホラーコアなバンドの大ファンで、一生ジャガロ(ICPファン)、ICPまじサイコー!と思っていた。20年後、カバータトゥーで消しました。当時の自分のことは完全に黒歴史、忘れようと努力している」

「タトゥーは慣れると体の一部になるから、気にならなくなる」そうですw
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ